店長ブログ | ウィルスワクチンの仕組み

ウィルスワクチンの仕組み

2020/09/16 14:24

人体の細胞に寄生するウィルスの増殖に対して、我々はワクチンの接種で身体を防御する。
その仕組みはどの様なものだろうか。
前提として、ワクチンを投与すると脳にウィルスのRNAが書き込まれる。
細胞に外部からウィルスが侵入すると、ウィルスから逆転写酵素が放射され増殖を始める。
その時、脳に書き込まれたワクチンRNAが同型の外部侵入ウィルスRNAと同期する。
物質に於いて固有の波長を有する物同士が熱放射を起こすと同期振動、いわゆる励起する。
つまりラジオ受信機の様に、外部電波と同調回路が同期するように、外部侵入ウィルスはワクチンウィルスのクローンに必ず待ち受けられ、出会わなければならなくなる。
ただ、この2つのRNAは同型であるが、ワクチンRNAは反射波の為に位相が180度違うので、積分するとゼロになる。
すなわち電気用語で云う打ち消し効果であり、更に物理上の対消滅であり、これがワクチン効果の正体である。
人体は神経回路が電子回路であり、ニューロンがデジアナ変換、分波、増幅、を司る。
シナプスの間隙は神経伝達物質と一体となって、デジタル信号からアナログ信号へアナログ信号からデジタル信号にそれぞれ変換する。
この時に神経伝達物質が分波、増幅、減衰、の役割を担う。
さて、このニューロンに微小血栓が迷い込むとどうなるのだろう。
人間が工業的に作った電子回路の原型は、生命体の神経回路であり、電子回路を紐解けば人体の作動原理が理解できる。

 

コメント投稿

お名前

コメント