店長ブログ

前稿で「女子と小人は養い難し」を母子関係と捉えた理由を示す。

原文は、子曰・唯女子與小人爲難養也。近之則不遜、遠之則怨。

訳文として、ただ女と小人(狭量の人間)は扱いが難しい。近づければ図に乗るし、遠ざければ怨まれる。

以上の訳文が一般的である。

しかし信条が、己の欲せざるところ人に施すなかれ、に代表される人間愛あふれる精神の孔子である。

それなのに弟子が、師匠である孔子の人間愛が微塵も感じられない警句を、後世に残すはずがない。

この訳文はどう考えても不可解であり、浅学菲才の身ながら客観的事実・・を基に新たな見解を示したい。

まず、文字列の漢字、「養」「唯」「與」「則」に注目したい。

①「養」とは羊を食うと書くので、扱いとか教育ではなく、文字通り飯を食わせる、則ち、扶養の意味ではないか。

一般的に扶養されるのは妻と子であり、義務が生じるのは夫である。

②「唯」を「ただ」と訳せば、「殊更に言う程でもないが」か「覚えていてほしいが」、辺りであろうか。

人口の半数を占める女子と、君子の対語を小人とすれば、該当者は全人口の大半に及ぶ、それが唯(ただ)の文字では軽すぎる。

③與の文字は「○○と○○」であり、人間愛に根差した合理主義の孔子が、女子(女性)と小人(狭量な人間)を乱暴に一括りする事はあり得ず、もっと詳細に分類するだろう。

「與」は「輿車」などを意味する臼偏から読み解くと、「女子と小人」は一体性を有する関係を表してると考えたい。

④則は規則など決定事項、あるいは論理から導かれる答え「則ち○○である」と断定する用法である。

ここでは、「近」の場合は不遜、「遠」の場合は怨と断定してる。

だが、「近」「遠」の作用を受ける「女子と小人」に、「不遜」「怨」の反応を示すと決めつける事は出来ない。

「遠」の作用を受けて嬉々とする「女子と小人」もいるだろうし、「近」の作用を受けて殊勝になる「女子と小人」もいるであろう。

これを、近づく遠ざかるは孔子の方で、「女子と小人」を孔子の「妻と子供」に読み替えると、孔子の体験に基づく話になるので、断言する事が出来る。

⑤小人には子供の意味もある。

次に、子を持つ母の立場に立って考えると、

神から種の保存を託された女子は、一生で数人程度しか子を産めないので失敗は許されない。

母親となった女子は、まず子供を無事に育て上げる事、そして子供の将来を決める10代前半迄の競争時代を、子と一体となって生き抜かなければならない。

つまり、母にとって子育ては絶対に負けられない戦争であり、母性本能に合理精神は存在しない。

さて、

戦時モードに突入した妻が、仕事オンリーの夫に見せる態度は推して知るべし。

特に孔子の場合「己の欲せざるところ、人に施すなかれ」を信条とするので、妻と子の態度は我慢できなかったかもしれない。

以上の事柄から、冒頭の「子曰く」の訳文は、

先生が言うには、一般論として妻と子供を養っていくには大変な苦労を強いられる・我が家に機嫌取りに帰れば嵩に掛かってくるし、家に帰らないと帰らないでブツブツ言われる。

この理由は、極めつけの仕事人間の孔子は、仕事優先であまり家には帰らなかったような気がする。

真偽の方はどうだろうか・・

宇宙の意思に従う母性本能

2019/04/04 16:33:09|コメント:0件

以下は風俗情報誌「イクナビ+41号」に掲載の記事であり限られた文字数の文面になります。    

 宇宙の意思とは物質を熱に変換する事である。空間の引力作用で恒星からは熱と光を、天の川銀河太陽系第三惑星も地質変動で地熱を絞り出す。そして地表の生命体もその一翼を担う。食物連鎖とは物質を次々と熱に変換するプログラムである。即ち、より多くの物質を熱に変換した者が覇者となる。さて、雌雄が存在する生命体は雌が創る世界である。今の地上動物界の覇者は人間である。人間社会とは女性の意思で創られた世界である。その手法は授乳保育で気付かれる事なく、男は女に服従する様に刷り込まれる。儒教の孔子でさえ「女と子供は云々」と嘆く程、母性本能には合理性が無い。それは種保存の為には失敗は許されない、行き過ぎも何のその子育ては徹底している。そして宇宙の意思を具現する引力と言う「力」と同様、女も「美と性」を武器に男の「力」を利用し現代にたどり着く。教訓、母は強しありがとうお母さん。

更に稿を進める。

何故、物質を熱に変換する必要があるのか。

この因縁は宇宙ビッグバンに遡る事になるが、「空間のエネルギー源が熱である」と定義する。

例えば、人間のエネルギー源が食料と定義すれば、人間社会の全現象はこの定義から端を発し、運動第三法則・作用反作用を基本原理として全て説明が可能である。

即ち、宇宙も同様にビッグバンの必然性と、その後から始まる森羅万象を克明に解き明かす事が出来る。

更に、宇宙は一個一個の数の寄せ集めでできており、この事が数学を担保することになり、加算式の発見と共に数学の進化発展に繋がる。

つまり、宇宙とは物理法則で成り立っており、その解明には数学が大きく寄与する事になる。

このビッグバンの顛末は、拙著の宇宙の泡構造を解明する、このブログ内の「宇宙の瓦落(がら)」1~3に認めている。

さて、

物質とは宇宙ビッグバンで陽子(原子核)と陽子生成の際の衝撃波である電子の複合粒子、水素原子である。

これは空間のエネルギー源である「熱」と「場」である空間を形成する重力量子群が、ビッグバンで圧縮爆発の作用で生成された事による。

即ち、空間にとってはエネルギー源の熱の固形化に伴う、熱溶融作戦である。

太陽であれば空間の引力作用で水素原子から熱を引っ剥がし、地球であれば元素のマグマ化と造山活動による摩擦熱及び風化作用である。

更に、物質も空間の引力作用と熱の平衡作用で生命が誕生し、宇宙の意思である物質の溶融作戦の一翼を担う事になる。

次稿では、所謂「女と小人、云々」を母子関係と捉えたのか、示したい。

物理で読み解く正しいダイエット法

2019/01/19 16:32:55|コメント:0件

以下は風俗情報誌「イクナビ+39号」に掲載の記事であり限られた文字数の文面になります。 

 人体の作動法は糖がエネルギー源で、人体に埋め込まれた電子回路が指揮命令を司る。

余分なエネルギーは脂肪として貯蔵されるが、電気は貯蔵できない。

ダイエットは貯蔵された脂肪を電子回路で燃焼させる事なので、新たなエネルギー源の糖と脂肪分は禁止食品。

これにより電子回路は普段よりは高性能が求められる。

さて、ビタミンCが鉄を部品として基準電位、所謂アース回路を作る。

そして各種ビタミンが微量元素を部品として神経伝達物質を作る。

一般に電気は正と負だけと思われがちであるが、電気には波長と電位がある。

これをシナプス間で電気信号をデジアナ変換分波増幅させる。

以上から具体的ダイエット法は、糖、脂肪、炭水化物は禁止、摂取は、野菜、果物、海藻、卵、牛乳、チーズ、魚、となる。

知行合一、自ずと挑む。

電気系は快調に作動、故に副作用は皆無、空腹感少なし、25日間で72から4.5の減量、現在進行中。

以上

更に稿を進める。

上記の推論であるビタミンと微量元素の関係性は、これから精査するので変わるかもしれないが、大枠では間違いないと思われる。

このダイエット法は身体美の「美」ではなく、実は健康の「健」であり、老化防止策である。

巷間サーチュイン遺伝子、いわゆる抗老化遺伝子なる物であるが、宇宙の原理からはこの類の遺伝子は出来ない筈である。

生命の老化を抑制する手段として、人間であれば交感及び副交感神経で数量をコントロールする、即ち回路を組んで物理法則で対処する。

上記のダイエット法は身体に備わったプログラムで、脂肪を分解して適正量の糖を血中に供給するので、過不足は生じない。

さて、

血中の糖が多ければ2型糖尿病になるが、その前段階でも血管から糖が滲み出す可能性がある。

この滲み出た糖を、ある種のバクテリア、或いはウイルスと共生したバクテリアが餌としたらどうなるのであろう。

更に、全ての地球生命体は「水分子」の単位当たり宇宙最強の引力特性が始まりなので、好奇心が強い。

所かまわず何でもかんでも引っ付いてしまう、そこで彼我の様態を変化させるか否かで、生死繁栄が決定される。

ここから考えられる、人体をむしばむ疾病は何か。

アルツハイマー型認知症、ネフローゼ症候群、粘膜疾患全般、特に鼻の粘膜に染み出た糖にスギ花粉が付着すれば花粉症が考えられる。

更に更に、虚血性疾患の原因となる血栓の素は血液中の過剰な糖である。

即ち、血中の糖を適正に保つ事が健康長寿の基本となる。

神の存在は有りや無しや

2018/12/24 07:27:42|コメント:0件

以下は風俗情報誌「イクナビ+38号」に掲載の記事であり限られた文字数の文面になります。 

 師走、神様も繁忙期を迎える。

そこで物理学上における神の存在を証明する。

宇宙の原理が解れば一つの法則で全てを解明できる。

それは宇宙及び宇宙外の空間を形成する「謎の極小球体」と空間の「熱」の関係性を解明する事で、森羅万象があぶり出される。

さて熱の重さの多寡で極小球体は伸縮する、ここで熱の重さ=物質の重さ、更に球体の集団=空間、即ちアインシュタイン方程式そのものであり、物質の重さが空間を伸び縮みさせる。

拙著ブログ「宇宙の泡構造を解明する」で宇宙と物質の成り立ち、構造、振る舞いは全て解明している。

然しながら極小球体と熱の発生理由は謎である。

何故なら由来が宇宙の我々は、宇宙外の理を知る由も無い。

これを解決したのが神の概念である。

20世紀初頭までの著名科学者の第一行は「神が創り給うしこの宇宙」で始まる。

科学の真理は、空間と熱は神が創造し、ここから宇宙が出現したと。

以上

更に補足として稿を進める。

所謂「重さ」、が発生する理由を簡略に記す。

ここで空間を形成する極小球体を重力量子と仮称する。

宇宙環境下、所謂「場」において、「熱」の全方向に拡がる特性、即ち平衡性と、空間の縮む特性が「重さ」を発生させる。

この「場」に、地球を出現させると、空間を形成する重力量子群は、地球を形成する全ての原子核を中心に収縮する。

すると地球の周囲は収縮した空間が形成される事になる。

一方、物質は「熱」から派生しているので平衡する特性を有している、その例としては、水、液状になった金属等々、常に外に外に向かう。

更に、空間に出現した地球は「場」の縮む特性と自身が持つ平衡する特性が一体となると運動エネルギーを獲得する、これが引力であり即ち「力」である。

ここに地球に近づく隕石が有れば、地球の様に隕石もまた引力を有すると事になる。

上記の結果から、我々が言う「重さ」とは、地球の引力に引かれる物質の引力であり、相対的引力差、即ち「重さ」ではなく「力」である。

物理上の真の「重さ」とは、外へ外へと全方向に拡がる平衡する特性を云い、その代表例が物質から飛び出す「光」である。

つまり、我々自身を含む全宇宙の物質の重量は、全て宇宙外が負担する事となる。

結論として宇宙で生まれた我々には、あずかり知らぬ宇宙外が存在し、これを物理上では「神の領域」と定義する。

繰り返すと、

宇宙の全物質はトランポリンの上に乗っかてる状態である。

物質の重さでトランポリンに発生する張力が空間の縮みとすれば、重さはトランポリンを透過して宇宙外へ。

「重さ」は外へ外へ、「力」は内に内にと、これが一般相対性理論のアインシュタイン方程式、空間の縮み=物質の重さ であり、宇宙には重さが存在せず、と言う事になる。

精神疾患の治療は物理法則に則る、

2018/11/28 04:56:20|コメント:0件

以下は風俗情報誌「イクナビ+37号」に掲載の記事であり限られた文字数の文面になります。 

  生命体の材料は、芯が水分子、主な部品は、炭素、窒素、接着剤は水素、等々を「空間の引力作用」と「熱の平衡作用」で組み立て、これに物質から発生させる電気で電子回路を組み込んで作動制御させる。

そしてエネルギーは「熱と力」の塊の「糖」、即ち人体と人体作動は物理法則に則る。

つまり精神疾患は精神論ではなく、故障修理という側面で見なければならない。

所謂うつ病は熱の平衡作用よりも空間の引力作用が勝った結果なので、治療法としてはハワイなど常夏の地、或いは温泉での湯治、はたまた健康ランド、サウナ、銭湯、乾布摩擦などで、引力作用で固まった脳を解きほぐす事である。

薬の投与は脳に一時的に電気信号を与えるもので副作用の恐れもある。

更にビタミンの不足、特にビタミンC不足は電子回路から見ると、体内で発生した電気信号の強化及び迅速な消去に支障が出る。

そして精力増強には常日頃のビタミン摂取が一番である。

以上